師匠が必要なわけ

法華経の修行で、なぜ師匠の存在が不可欠なのか。

法華経って、文上だけ読むだけじゃ、まったく意味がない。たんなる“ありがたいお話”で終わってしまう。人生の実践の哲学とするには全人格的な魂の打ち合いが、どうしても必要になる。

揮発性が高いというか。

そして、師匠なきあと、師匠と同じように法華経の実践を後世に伝えていく弟子がもっとも尊い。